About Us

センター長 中村 吉伸

 この度は有田市医師会サポートセンターホームページをご覧頂きありがとうございます。

 団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる2025年問題に対応し、効率的で質の高い医療供給体制を構築するための地域包括ケアシステムが考案されました。このシステム構築の一端をなすのがサポートセンターであります。急性期入院医療から在宅医療に移行される方のために、各病院の地域連携部門や介護連携会議、近隣医師会などと連携し、在宅医療に携わる医師・看護師・介護支援専門員ならびに介護ヘルパー等の関連職種と協力しながら、在宅医療への円滑な移行を目的として設立されました。

 当センターでは専任職員を配置し、在宅医療相談窓口の設置、医療機関や介護施設、介護サービス等の情報提供を行なっています。かかりつけ医のおられない方でもスムーズに在宅医療、在宅リハビリ等に移行できるように支援して参ります。また在宅医療や認知症に対する市民向けの研修会などを開催し、啓発活動も推進して参りたいと考えております。在宅医療のことはもちろんのこと、介護支援や施設の問合せ、認知症やがん緩和ケア―、ターミナルケア―などのお問い合わせにも対応してまいりますので、ご連絡いただければと存じます。